Skip to content

構造計算の情報提供、アプリ開発、電子書籍の発行を行っています

「ST1に恋して」HOUSE-ST1操作編 第1回 画面の説明と初期設定 公開

[`evernote` not found]

「ST1に恋して」は、言うまでも無くHOUSE-ST1を題材に書いています。ただマンガのストーリー内に解説ばかり入ってくると滅入るので、ST1という架空(まあHOUSE-ST1ですけど)の構造計算ソフトを使う設定となっています。ちなみにライバルのソフトはmimizuku(kizuk○ri?)というソフト名です。そのため、本編とは分けて操作マニュアルを作っています。それを操作編としていますが、本日本編公開に先立ち公開しました。公開先はpixivです。

「ST1に恋して」HOUSE-ST1操作編 第1回 画面の説明と初期設定

技術資料の一部になるので、弊社会員制サイト「なまあずステーション」で読むことが出来ますが、第1回は無料で誰でも読めるようになっていますので、もしHOUSE-ST1をマスターしたくて、読み続けたいな~という方は、なまあずステーションに加入を考えて見てください。なまあずステーションは年会費無料で、購入買い切り制となっています。ご購入は、なまあずショップ楽天市場店にて。HOUSE-ST1用は、「木構造計算にチャレンジ!!」とセットになっています。

なまあずステーションは2012年オープンの、主に構造システムのHOUSE-ST1などのソフトマニュアルやサンプルなどを公開している会員サイトです。当時、弊社発行のマニュアル類の更新などの手間がかかってしまったため、会員制にしていつでも更新をしてもらえたら、と思い作りました。2014年より、教育システム(e-ラーニング)のmoodleを利用して作られています。オープンして6年あまりですが、未だ初期のユーザー様にも利用いただいております。

(クリックで拡大)

HOUSE-ST1はVer4の頃、構造計算ソフトとしては非常に初心者向けで機能も少なかったのですが、現在のVer7.5ではかなり高度な構造計算ソフトとして成長してきています。初めて買ってすぐに使えるか?はちょっと疑問です。新グレー本2017(木造軸組構法住宅の許容応力度設計2017)なども初めて読むには敷居が高いです。わかりやすい木造構造計算の解説書などもありますが、それでは難しいなと感じたら、是非ご利用ください。

 


Comments are Closed on this Post

壁量計算のいらない木造構造計算ソフト

スピーディーな操作が魅力な国産BIM「i-ARM」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「i-ARM」国産BIMで日本の法規チェックに対応!!
価格:94478円(税込、送料無料) (2018/11/1時点)