Skip to content

構造計算の情報提供、アプリ開発、電子書籍の発行を行っています

HOUSE-ST1・HOUSE-DOCの簡単な通り芯読み込み方法

[`evernote` not found]

HOUSE-DOCやHOUSE-ST1には、いろんなCADデータを下図にする便利な機能があります。それなら他社でもありますが、更に通り芯を読み込む機能までついていますので本当に便利です。

しかし耐震診断や意匠設計を行っているときに、通り芯をきちんと描いていますか?もちろん描いてから設計している人もいると思います。しかしながら、通り芯以外にも柱を配置することもあります。そうなると後から追加でソフト上で通り芯を入れなければならず煩雑です。

そこで簡単な方法を紹介します。

まず、図面を描き終わったら、使っていないレイヤに、柱がある通り、HOUSE-DOCやHOUSE-ST1で通り芯が必要そうな通りに補助線を引いておきます。X軸、Y軸確認したら、主要な通り芯を線の左端と下端に文字だけ記入します。

こんな感じです。各通り芯名を描きますが、あくまでキレイにいれるというより、描いた補助線端に記入します。X1はずれているように見えますが、雑な線なのでX1の線だけ長いのでこうなっています。この程度できちんと読み込みます。予め1F2Fの図面を重ね合わせて補助線を引くと漏れがなくていいですよ。

こんな感じに読み込まれます!!便利!!!ちなみに同じレイヤに補助線だけ入れておくと無名の通り芯が書き込まれます。

でも、先に文字を書き込んでおいた方が何かといいですね。通り芯の図面上の清書は、診断や計算が終わってからでもいいですしね。もっとも忘れないようにしたいものです・・・・。

もっとも2階建てくらいの平面図だと、左右に1階2階を書き込むことが多いので、下図機能も2ポイント原点を指定でき、1、2階の切り替えがスムーズにできるようにしてくれればいいと思うのですが・・・。

 


Comments are Closed on this Post

スピーディーな操作が魅力な国産BIM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「i-ARM」国産BIMで日本の法規チェックに対応!!
価格:116640円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)