Skip to content

構造計算の情報提供、アプリ開発、電子書籍の発行を行っています

「i-ARM活用事例集」発行のお知らせ

[`evernote` not found]

国産BIMのi-ARMは、発売から大分時間が経ち完成度が高まっています。しかしメーカーからの宣伝がイマイチなのと、実際どのように使えばいいのかわからない??というのが本音で、どれくらいユーザーがいるのか?聞いてみたい気もします。

このたび、i-ARM発売前から検証を続けていましたが、ようやく形になりつつあるので、i-ARMの活用事例集を発行することになりました。PDF版でなまあずソリューションのホームページからダウンロードできるようになります。発行までまだ時間がありますが、一応お知らせです。

i-ARMも発売当時は、機能が少なく実務で使うには??と思わざるを得なかったのですが、春頃から使ってもいいかな??と思えるようになりました。木造の設計もできますし、他のBIMと違ってキビキビ動くし、データ量が少ないので操作も楽です。細かい設計ができず、現状、BIM的に使うのは難しいですが、その分、法規チェックや検討系は豊富で、計画・企画系BIMと考えれば、実用になってきました。今後もパワーアップしていくようなので、今後は安心してお勧めできるようになると思います。なまあずショップ楽天市場店でも来春にはi-ARMを重点販売することは決定しているようです。

設計環境は東京オリンピックを機に大幅に変わりそうです。設計者は現状に満足することなく、先を見据えて手を打っていく必要があります。特に若い世代は。そのうちCADなんてあったの?という世代が出てくるかもしれませんね。


Comments are Closed on this Post

スピーディーな操作が魅力な国産BIM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「i-ARM」国産BIMで日本の法規チェックに対応!!
価格:116640円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)