第1回 エクセルを使って見よう

[`evernote` not found]

エクセルの画面の説明、基本的な使い方

<エクセルの画面と用語>
エクセルの画面の特徴は、アルファベットから構成される横軸と数字で構成される縦軸のXY軸からなります。

シート
縦横の罫線が引かれた集計用紙のようなもの。一般にワークシートと呼ばれている。
ブック
複数のシートのまとまり。通常ブック=ファイルです。
セル
縦横の罫線で仕切られたマス目。
数式バー(下図
ワークシートの上部にあるマス。アクティブセル(選択されているセル通常黒枠で表示される)のデータや数式を表示します
名前ボックス(下図
ワークシートの位置を「C5」のように表示します。

エクセルの画面

MicrosoftExcel - Book1 _ ×
ファイル(F)編集(E)表示(V) _ ×
C1 ×
A B C D E F G H I J K L
1
2
3
4
Sheet1 Sheet2
コマンド
スタート

<ワークシートとセル>

A B C D
1
2
3
4

上表で、①の位置を「C1」、②の位置を「D4」と読みます。位置の読み方はエクセルの基本となりますので、すぐに覚えてください。
表自体のことを「ワークシート」といいます。先ほどの「C1」とか「D4」とかをセルといいます。ワークシートは一つのファイルに複数作ることができ、名前を付けられます。ですから、位置を指定するときは「ワークシートSheet1のセルC1」のように指定します。

次へ

戻る


Comments are Closed on this Post