第4回 エクセルの関数

[`evernote` not found]

第3回で解説したSUM関数はマスターできたでしょうか?エクセルにはSUM関数のほかにたくさんの関数があります。今回は、良く使いそうな関数をピックアップして解説します。

端数の、切り上げ、切り捨て、四捨五入

エクセルの計算結果で、小数点以下が長い場合があります(主に割り算)。そんなときはROUND関数を使います。使い方は、

=ROUNDUP(数値,桁数)・・・切り上げ
=ROUNDDOWN(数値,桁数)・・・切り捨て
=ROUND(数値,桁数)・・・四捨五入

です。具体的には

=ROUNDUP(5.744,2)

と入力すると、小数第3位を切り上げて、5.75を返します。

=ROUND(A1,3)

と入力すると、A1のセルの数値の小数第4位を四捨五入して表示します。ちなみに

=ROUNDDOWN(9864,-3)

と入力すると、9000を返します。つまり、-33桁目という意味になります。

今日の日付を表示するには

エクセルで領収書を発行したい場合、いちいち今日の日付を入力するのは面倒ですね。そんなときは、迷わずTODAY関数を使いましょう。

=TODAY()

これだけで、当日の日付を返してくれます。次の日になったら次の日付に自動的に変わります。

SIN・COS・TAN

当然SIN・COS・TANもできます。使い方は

=SIN(数値)
=COS(数値
=TAN(数値

これだけ、数値が求まります。もしSINの小数第2位を四捨五入して数値を求めたい場合は

=ROUND(SIN(数値),3)

とします。関数は数式ですので、このように複合することもできるのです。

次へ


Comments are Closed on this Post