S造・RC造耐震診断ソフト紹介

[`evernote` not found]

2013年末時点のソフトウェアの紹介です。特に仕様面でのコメントはしません。詳しくは各社WEBページをご覧ください。価格も各社にお問い合わせください(2016年2月3日更新)。

鉄筋コンクリート造(RC造)耐震診断ソフト

DOC-RC/SRC
RCとSRCに対応したユーザーの多い耐震診断ソフト

ユーザーが多く、標準でSRC造にも対応しています。1次2次診断に対応。一貫構造計算ソフトBUS-5と同エンジンで稼働していて、ユーザーインターフェイスも同じなので、特に同社のユーザーを中心に支持を集めています。

3次診断は、別ソフトのDOC-3次診断で診断できます。

販売:株式会社構造システム
Super Build/RC診断2001
3次診断まで対応したRC造専門の耐震診断ソフト

標準で1次、2次、3次診断まで対応(2001年版。3次は評価適用外)のRC造専用の耐震診断ソフト。構造計算ソフトシェアトップのSS3のデータを利用できるのが強み。

オプションで、SRC対応できます。

販売:ユニオンシステム株式会社
BUILD.耐診 RC I&Ⅱ
多彩なオプションが強みの耐震診断ソフト

標準ではRC造専用の耐震診断ソフトですが、オプションによりSRCにも対応。他にも告示機能を追加するオプション、官庁施設の総合耐震診断機能を追加するオプション、耐震補強機能のオプション、出力各庁のオプション、建築研究振興協会2012年版対応のオプションなど多彩なオプションを選ぶことによって、必要な機能が揃えられます。

販売:株式会社構造ソフト
ACE診断2001+ACE改修
補強設計もセットになった老舗の耐震診断ソフト

RC造の耐震診断ソフト。改修とセットになりお得感があります。

なお、3次診断はACE診断3(別売)です。

販売:株式会社東京デンコー定価42万円(税込)メンテナンス31500円/年
ACE診断3 定価84万円(税込)メンテナンス料金52500円/年
Building Editor
フリーの構造計算ソフトに耐震診断機能を追加!

フリーの一貫構造計算ソフトですが、RC造の1次耐震診断もできるようになりました。非常に簡易な機能です。

販売:株式会社ストラクチャー フリーソフト
SCREEN-1・2 Ver3.0
歴史ある鉄筋コンクリート造の1次2次診断ソフト

古くは耐震診断はSCREENと言われた時代がありました。Ver3も平成14年に評価を取得しています。

販売: (一社)文教施設協会 定価42万円(税込?)
SEIN SAFE-RC/2001
NTTデータの歴史ある耐震診断プログラム

NTTファシリティーズ総研に移行したRC診断ソフト。近年あまり見かけなくなりましたが、代表的な耐震診断ソフトの1つです。

販売: 株式会社NTTファシリティーズ総合研究所

鉄骨造(S造)耐震診断ソフト

DOC-S
2013年にVer2が発売され更に充実のS造診断ソフト

単独で動き、年間サポート料金もないので人気のある耐震診断ソフトです。2013年秋にVer2になり2011年改訂版に対応しました。
DOC-3次診断を購入すれば、官庁施設の総合耐震診断基準を利用できます。

販売:株式会社構造システム
BUILD.耐診S造/2011年版

業界初!2011年改訂版に対応したS造耐震診断ソフト

 基本的に同社の一貫構造計算ソフト「BUILD.一貫Ⅳ+」が必要です。ない場合は、「BUILD.耐震S造準備計算」が必要になります。
オプションは、耐震補強オプションがあります。また別に「BUILD.耐診S体育館」があり、そのオプションには「耐震補強オプション」「荷重増分オプション」があります。

販売:株式会社構造ソフト
S耐震診断

2011年改訂版に対応した鉄骨造耐震診断ソフト

 SS3のデータを活用できます。ユニオンシステムユーザーに好評。

販売:ユニオンシステム株式会社

壁式鉄筋コンクリート造(WRC)耐震診断ソフト

BUILD.耐診壁式

WRC・WPC耐震診断ソフト

 BUILD.壁式シリーズをベースにしたWRC・WPCの1次2次診断ソフト。

販売:株式会社構造ソフト  定価28万円(税抜き) サポート28000円/年
壁式診断

日本初の壁式RC造対応の耐震診断ソフト

 壁式RC造構造計算ソフトの老舗「壁麻呂」をベースとしたWRCとWPCの1次2次診断ソフト。廉価版として壁式RCのみの製品「壁式診断WRC」もあります。壁麻呂ユーザーは特に迷わず使いこなすことができます。また壁麻呂+PLUS-CADユーザーは、壁麻呂用のPLUS-CADは直接使えないのですが、入力を壁麻呂で行うことによって、基本的な作図を自動で作ることができるので、非常に省力化が望めます。

販売:株式会社東京デンコー 定価42万円(税込) 壁式診断WRC 定価262500円(税抜き) メンテナンス料金 31500円/年
DOC-WL

後発の利を活かした壁式RC造対応の耐震診断ソフト

 壁式RC造構造計算ソフトのWALL-1をベースとしたWRCとWPCの1次2次診断ソフト。主に同社の構造計算ソフトを利用している方向け(安価に購入できます)ですが、単体でも利用できます。メンテナンス料金も設定がないのでランニングコストを抑えられそうです。計算結果上の図表はExcelやWordに貼り付けられます。

販売:株式会社構造システム 定価32.4万円(税込)


Comments are Closed on this Post

スピーディーな操作が魅力な国産BIM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「i-ARM」国産BIMで日本の法規チェックに対応!!
価格:116640円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)